笠形神社

約1300年前、孝徳天皇の時代に創建されたと伝えられています。本殿・中宮(なかのみや)・拝殿と荘厳な姿が静粛な空気と溶け合っています。建造物の装飾彫刻は日光東照宮の彫刻を源流とする江戸時代後期の特徴があるものです。
境内には、昭和34年の国宝姫路城の大修理の際に天守閣の心柱とするため、笠形神社のご神木であった檜がこの地より運ばれました。今、兵庫県中学校道徳副読本「心かがやく」の中で「運命の木」として紹介されています。 お土産に「運命の木」のバウムクーヘンがあります。